記事検索用
Web全体で検索
このサイト内を検索
初めが肝心のFX

コストを理解

このエントリーをはてなブックマークに追加
投資には、コストが掛かります。
主に注文の際の手数料になります。
たとえば、株式であれば、片道であったり、あるいは、往復での手数料を支払うようになります。
では、FXでは、どうなのでしょうか?
結論から言えば、FXでは、注文の際の手数料は発生しません。
日本版金融ビッグバンで認められたばかりの頃は、手数料がありましたが、インターネット取引が主流となった今では、手数料を取らないことが一般的です。
口座管理費などがないのも、通常のようです。
しかし、業者などは、それでは収益を得ることができません。
そこで、実質の手数料というものがあります。
それがスプレッドとなっています。
これは、広がりを意味するものですが、実際の為替レートに上乗せした分を意味します。
法律上、認められたものですが、投資家に不利にならないようにすることが、求められています。
もっとも、消費税の内税のように、注文の際の為替レートに含まれているため、別途支払っている感覚はないかもしれません。
また、通常、小数点表示で告知され、お金に換算すれば、銭単位となっています。
一般では、すでに使われなくなったお金の単位ですが、業者は、こういう小さな単位から収益を鑑みているのでしょう。
なお、スプレッドは、メジャー通貨であるほど、低くなる傾向があります。
特にドルであれば、キャンペーンなどで、ゼロいう場合もあります。
そういう機会を狙って、口座開設したり、あるいは、業者選定の基準にすることも、一つの手段でしょう。

最近の急上昇ワードFXについての話はきちんと整理されているこのサイトがお勧め。

Copyright (C)2017初めが肝心のFX.All rights reserved.