記事検索用
Web全体で検索
このサイト内を検索
初めが肝心のFX

各国通貨にもトレンドがある

このエントリーをはてなブックマークに追加
外国為替相場は、自由取引の場となっています。
実際は、各国銀行の担当ディーラーが、個々で取引をしているようで、為替レートは、その相対的な値となっています。
しかし、各国通貨には、それぞれの傾向があるようです。
もちろん、これを理解しておくことで、FXにも、有益になる可能性があります。
では、どのような傾向があるのでしょうか?
まず、通貨の代表的なものと言えば、ドルになるでしょう。
これは、アメリカの通貨であり、現在の基軸通貨です。
国際決済通貨の一番手であり、世界中で利用されています。
このためでしょうか。
ドルは、国際政治の影響を受けます。
必ずしも、経済と関係していることから影響を受ける訳ではないため、ドルを中心としたFXを行っているのであれば、様々な国際状況を知っておくことが大事でしょう。
次に、ユーロがあります。
これは、EUの統一通貨であり、今では、存廃論まで取りざたされています。
これは、世界同時不況の影響のようです。
しかし、ドルに次ぐ国際決済通貨であり、取引量もドルに続いています。
傾向としては、世界第二位の通貨でもあり、ドルと逆の動きをするようです。
ドルに対抗しながらも、ドル救済の役割もあるようです。
三つ目に、ポンドになります。
これは、イギリスの通貨であり、かつての基軸通貨です。
非常に歴史の長い通貨ですが、ドルとユーロのつなぎ役のようになっています。
このため、一日の取引量が多く、なおかつ、値動きも激しいようです。
円であれば、数十円は当たり前であり、初心者向きの通貨とは見なされていないようです。
以上、FXで取り扱われている代表的な通貨ですが、これらのほかにも、オーストラリアドルやランドがあります。
これらは、金利が高いことで有名で、一般ではマイナーでも、投資家の間では、人気があるようです。
また、近年では、アジア通貨も注目を集め、特に中国の人民元は、世界からその動向が注視されています。

最近の急上昇ワードFXについての話はきちんと整理されているこのサイトがお勧め。

Copyright (C)2017初めが肝心のFX.All rights reserved.