記事検索用
Web全体で検索
このサイト内を検索
初めが肝心のFX

店頭と取引所がある

このエントリーをはてなブックマークに追加
投資には、いくつかの種類がありますが、FXには、FXの中で、大きく二つの種類があります。
一つが店頭FXであり、もう一つが取引所FXになります。
どちらも、業者を通じて取引がなされますが、いくつかの相違点もあります。
まず、価格提供の方法で違いがあります。
店頭FXは、業者が主催しているものであり、業者が任意で決めることができます。
もっとも、外国為替相場を元にしているため、任意で決めるといっても、限界があります。
しかも、法律上、投資家に不利になるようなことは、禁止されています。
一方、取引所FXでは、マッチメイク方式とオークション方式などが採用されています。
マッチメイク方式では、第三者である国際的金融機関が価格提供を行うようになり、マッチメイカーとも呼ばれています。
また、税金においても、違いがあります。
店頭FXの場合、収益が雑所得と同様であり、累進課税方式となっています。
しかし、取引所FXでは、比例課税方式が採用されているため、収益が上がれば上がるほど、有利となっています。
これは、税制優遇措置の一環であり、一律20パーセントの課税となっています。
さらに、取引所FXでは、損益計算なども認められているため、納税しない年が発生するケースもあるようです。
ただし、店頭FXでも取引所FXでも、申告課税方式に変わりはありません。
毎年行われる確定申告を行うことで、納税することになります。
ただし、状況によっては、還付金が発生します。

最近の急上昇ワードFXについての話はきちんと整理されているこのサイトがお勧め。

Copyright (C)2017初めが肝心のFX.All rights reserved.