記事検索用
Web全体で検索
このサイト内を検索
初めが肝心のFX

金融派生商品の一種

このエントリーをはてなブックマークに追加
投資を行うには、商品を購入する形になります。
市場原理に基づいているため、サービスでも商品化されるため、投資もそのようになっています。
そんな中でも、FXの場合、金融派生商品に入り、主要な相場を元にした投資商品となっています。
FXは、Foreign Exchangeの略称であり、日本語では、外国為替証拠金取引と言われます。
差金決済取引によって、損益が確定し、権利などが移動する現物取引とは異なっています。
このため、反対決済をすることで、損益が決まるようになっています。
また、証拠金制度を採用し、業者に担保金のようなお金を収めるようになります。
それを元に取引がなされるようになります。
通貨への投資という形になり、通貨毎に最低証拠金というものがあります。
それに満たなければ、取引自体が行えないようになっています。
また、レバレッジを利用することができ、少額であっても多額の取引が可能となります。
通常は、倍率を選択することになっています。
さらに、FXでの収益方法は、為替差益と金利差益となっています。
前者がキャピタルゲインに相当し、後者がインカムゲインの一種です。
これらを兼ね合わせることで、収益を上げるようになります。
なお、FXは、差金決済取引であるため、空売りが可能となっています。
株式であれば、株を買わなければ、売りをすることができません。
しかし、FXの場合、株のような現物がないため、必ずしも買いから入らなくても問題ないようです。
このため、外貨預金のように円安でなければ、収益が出ない、ということはありません。

最近の急上昇ワードFXについての話はきちんと整理されているこのサイトがお勧め。

Copyright (C)2017初めが肝心のFX.All rights reserved.